俺が関東短大に通ってる頃、担任の先生に

俺が関東短大に通ってる頃、担任の先生に小説を認められて、学校始まって初となる、創作小説を卒業製作とした作品を、学年代表に選ぶとか選ばないとか、かなり盛り上がったんだなぁ。結局、先生が急死してしまってこの話は無くなり、俺の小説家としての道も同時に消えてしまった、20年前の出来事。