コーヒー焙煎をフライパンで

美味しそうなコーヒーにじっくり焙煎しましたなんていう触れ込み文句をみたりするので、だったら、じっくり熱が通るようなフライパンが良いと思って、そんなフライパンを作ってやってみたら、これが使いづらい

じっくり深煎りだから、じっくり熱を通すもので釣り合うって思っていたのにって感じです。

だったら、逆の、振れるフライパンはどうなのってなって、そんなタイプで焙煎したって言うのがこれまでです。

これが意外に合ってました。

で、一緒に使うのは泡だて器です。

これを使ってフライパンと生豆とを、シャカシャカします。

豆はご存知のピーベリーです。

ピーベリーってエラー物なのでしょうか?それとも二級品って言うか、そんあ感じの物なのでしょうか

まあ、そうであっても、上手に煎ればやっぱ旨い!!

しかも、フライパンパンだと、ピーベリーの形がうまい感じでコロコロ転がるんです。

そうそう、焙煎して気づいたのは、やっぱり慣れが煎るって事です。あっ、失礼、要るって事です。

火加減をどの位にしたらいいのか、とか、どの位で煎る事をやめたら良いのか、とか、初めは分からないので、生焼きみたいなコーヒーを目の前にすることもあったんですが、これが慣れてくると、それなりに美味しいのが煎れるって事と、色な発見があるんです。

色な発見、なんて言うと期待持たせてしまうような言い方ですが、次回はそんな所も書きたいと思います。

ここのところ暑いです。暑いと言うか、蒸し暑いです。

この暑さ対策は、早くからお仕事を始めるに限ると思って、今日もスタートです。

お待たせしている方、すみません。もう少でお届けできますので、それまで、レシピに磨きをかけて置いてくださいね。

内田

深さ、板厚、サイズを選んであなた用にフライパンをお仕立てしています。

あじねフライパンホームページはこちらに