だいぶ大事なこと。

トリニティ本舗お悩み相談窓口

トリニティBLTインストラクターの

東郷雪江です

トリニティって、

今の時代の私たちにとっては、

聞いたことない新しい観点になるかと思いますので、

なかなか理解されにくいかなと思います。

それに、

なんでも新しいものとは、

それは自分にとって、

メリットがあるのか

デメリットはないのか

で判断する事はつきものだし、

トリニティってどちらかと言えば、

デメリットにフォーカスされそうですもんね。

宗教っぽくて怪しいとか、

興味はあるけど、

それが知られたら人になんて言われるだろう、

とか、

なによりも、

自分を超える

とか言われる時点で、

その自分にとっては存在意義が危ぶまれるので、

無意識的に最大級アウトだから、

もう、内側から精一杯の抵抗をしてくるでしょう笑

でも、トリニティで伝えてる事が本当なら、

否が応でも、

2017年12月8日からは、

時代のエネルギー構造が変わり、

今までの歴史をみてもそうであったように、

変化してしまうのです。

そのあと、

トリニティで伝えてた事はこういうことだったのかと、

わかるのでは、

ちょっと大変かもしれません。

そして、

大事な事を見落としてることになります。

だいぶ集合意識も軽くなってきて、

少し意識して、

気付こうとする事で、

多分今まで感じたことのなかった、

神の愛のエネルギーや、

実はそれが当たり前ではなく奇跡であった事に、

あちらこちらで、

気づくかもしれません。

神の方からよって来てくれていて、

私たちがそこに、

交わろうとするかしないか、

いつでも、

それだけなのだと思います。

しかし、

人類の歴史の中で、

しない選択を長くしてきたこともあるし、

しようとしても時期早であったり、

それは人間の学びや成長の過程であったと思うのだけど、

神と分離する事が当たり前となり、

交わることすら選択肢にある事を知らない人もいます。

その中で、

もう今は交われるのだ、

という事を知ってる人は、

奇跡なのだと思います。

私たちは、

何か突然あり得ない出来事が起きたとして、

それを奇跡と呼ぶけれど、

奇跡というものを、

自分たちの好きや嫌いで、

判断してはいないか?

自分にとって幸運だと思う出来事が起きた時だけ、

奇跡として捉えてはいないだろうか?

そこに、

自分にとっては

という、

自分の判断基準があるのではないかと思うのです。

そしてまた、

その奇跡を、

自分のものとする自分もいる。

誰でも無意識に、

私は特別な存在だ

と思いたい自分がいるから、

私に特別にこんな奇跡が起きたと、

私物化する。

そんな自分にとって、

都合のいいことだけを、

本当に奇跡と呼ぶのだろうか、

と私は思う。

そして、

ただそれで、

奇跡が起きた

ありがとう

って喜んでるのだとしたら、

幼稚すぎる。

受け取れてもいない。

とも思うのである。

奇跡を喜ぶ前に、

それを起こしたのは誰か?の観点に立つ。

そして、その存在がどんな観点でこの奇跡を起こしてるのかを観る。

そしてそれを受け入れた時に、

与え、受取り、交わる、

本当の奇跡となるのだと思う。

それは、

自分の判断基準も超え、

自分を肉体ごと超えて、

神と交わる時だけ起こる奇跡。

すべては奇跡である

すべては無条件の愛である

と、わかる時。

そして、

トリニティが、

神から渡邉聡さんを通して伝えられたことは、

当たり前ではなく、

奇跡なんだと、

そして今、

私たちは誰でもこの事を知れることが出来る機会があり、

知っていることそのものが奇跡なんだと、

気づいて受け取れるかどうかで、

大きな差となり、

だいぶ大事な事だと思います。

7月の予定

自分を超えていきましょう

ジャッジのない、

交わりの奇跡の世界へ

ボディラブトリニティ基礎セミナー

7月22日土

ボディラブトリニティ個人セッション

7月23日日7月29日土7月30日日

イギリスと日本をつなぐ一斉ワーク

7月22日土22時

詳細未定

かなりおすすめ

無条件のカラダに目覚める遠隔ヒーリング

無条件の愛の子宮に目覚め、共同創造の時代へRoadtoMariaTrinityWS中目黒

8月6日日

11時30分14時

中目黒スタジオワークアウト

8月は、BLT基礎セミナーが二回

個人セッション枠もたくさんありますので、

チェックしてみてくださいね()

それではまた

本日もフォローいただき、

ありがとうございます(-)

父と子と精霊の無条件の愛のMariaTrinity

雪江